+SUGARLESS BLOG+

佐糖アメによる雑多な徒然日記です
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOP日常 ≫ 映画『花戦さ』感想

映画『花戦さ』感想

image.jpg

映画『花戦さ』を観てきました!
結構軽い気持ちで観に行ったのですが…心揺さぶられまくりの素晴らしい映画でしたー!
後半はもうずっと涙腺緩みっぱなしでしたね…。
予告だとコメディ感強そうな印象でしたがむしろ佗寂のある落ち着いた世界で、大人の観るべき映画だなと感じました。

仁も天皇の料理番もごちそうさんも好きだったんですが、森下佳子さんの脚本はとにかくセリフの持つ力がすごいですね。今回もハッとさせられる深い言葉だらけでした。そしてドラマチックな展開と人の温かさを感じられるやり取りがなんとも私好みで、あぁ良いなぁ~!と思えるシーンがいっぱいありました。

これは生け花の話だったけど、絵の世界も同じなんじゃないかなぁ。
絵を見たときの喜びや感動ももしかしたら刹那的なのかもしれない。だけど、その一瞬の印象の美しさというものは確かに存在すると思う。一瞬でも誰かの心に響くものが作れたら良いなぁ。私も仏様が宿るような気持ちで魂込めて絵を描いていきたいなと思いました。
それと、やっぱり他人の良さを認められずに嫉妬ばかりしてしまうのはその人が足りていない証拠ですね。何の努力もしていない人に限って批判や妬みの発言が目立つようにも思います。言葉の持つ力ってすごいと思うので、そんなことを言っているうちは一生その人の足元にも及ばないし、そもそも人と比較して優劣をつける行為自体が愚かだと自覚しない限りはその思いに捉われ続けてしまうのでしょうね。もしそんな気持ちが私の中に生まれたときには、きっと羨む資格すらないんだからそんな暇があったらもっと努力しろ!と自分に言い聞かせるようにしよう…。

というわけで、良き映画でした!
信念を持って打ち込んでいるものがある人や抵抗したくとも今はどうしようもない迷いや悩みがあるという人には響く映画なんじゃないでしょうか。
あと、素人の私でも作中の生け花はどれもすごく素晴らしいな~と思いながら観ていたのでそこも大いに楽しめると思います♪

映画を観ると心に響く分、その後色々と考えさせられますね。自分の場合はどうだろうと見つめ直すきっかけになります。まぁそれはきっと文学だって音楽だって絵画だって同じですね。
芸術には「そういう」力があると思います!
スポンサーサイト
日常 | Comments(-) | Trackbacks(-)